サスペンス

Gallery/Suspence

めまい
ヒチコック監督は素晴らしい。彼のキャリアはその殆どがサスペンス映画。こんな監督は他にはいない。さすペン映画をここまで認知させたのは彼の功績だと思う。次に彼の後継者のフィルモグラフィを紹介したいと思う。

ブラックダリダ(2006)
ヒチコック監督の後継者はデ・パルマ監督だと思います。彼の場合、ヒチコック監督以上のバラエティで、スリラー映画からSF、戦争映画、果てはミュージカル映画まで素晴らしいです。でも、ちょっと作品にばらつきが。最近は、作品が登場しないのでちょっと寂しい。 SRP
愛のメモリー(1976)
ファイトクラブ(1999)
ゴーンガール(2014)
もう一人の後継者は、デビッド・フィンチャーでしょう。少し描写がきついですが、サスペンス映画一本で見ていて頼もしい限りです。もっともっとといい映画を作って欲しいと思います。SRP
冒険者たち(1967)
ジョアンナ・シムカスが眩しい